Home > ジャム > レモンマーマレードの作り方

レモンマーマレードの作り方

レモンマーマレード

レモンの爽やかな酸味と、レモンの皮のほろ苦さが少しだけある、大人向け?の味になりました。

レモンマーマレード

材料

レモン  2個
砂糖:
 外皮、果肉、ペクチンの合計の50%

【関連リンク】
レモンのレシピ
ジャムのレシピ





レモンマーマレードの作り方

レモン1個を縦4等分に切り、皮を剥きます。剥いた皮 (1/2個分)は、さらに縦半分に切り (8等分)、内側のワタを取り除きます。ワタはペクチン液を作る時に使いますので、捨てないでください。
ワタを取り除いた表皮を、適当な大きさに切ります。
鍋にたっぷりの水と外皮入れ、水から茹で沸騰したら茹でこぼします。この作業を3回繰り返し、器にとっておきます。外皮の苦味を取り除きます。
残りのレモンも皮を剥き、中ワタ・種・薄皮、果実に分け、それぞれの重さを量っておきます。残りの表皮は今回は使いませんが、そのまま捨てるのも勿体ないので、レモンシロップを作ります。
中ワタと種を、表皮と同じように3回茹でこぼします。茹でこぼした後、中ワタを少し食べてみて苦くなければOKです。もし苦い場合は後1~2回くらい茹でこぼします。
果実は、粒々感を残したいので、すり鉢で8割くらい軽く潰しておきます。
ペクチン液を作ります。鍋に、内皮・薄皮・種の重さの合計の4倍の水と、内皮・薄皮・種の重さの合計の1/3の果汁を入れ、弱火で30~40分茹でます。内皮や薄皮を触ってみて、溶けるようならOKです。ペクチンを取り出す作業なので、水分は逃げないように、必ず蓋をして煮ます。
ペクチン液をザルや漉し布などを使い、漉します。漉す時に絶対に絞らないでください。絞ると苦味が出てしまいます。
砂糖の分量を決めます。果汁・果肉、表皮、ペクチンの合計に対して、50%の砂糖を準備します。表皮は、ちょっと気が変わってみじん切りに変更しました。
鍋に果汁・果肉、表皮、砂糖を入れ、強火にかけます。沸騰したら中火にして、アクを取りながら10~15分程煮ます。
少しトロミがでたらペクチン液を入れ、好みの堅さになるまで煮込みます。

完成

レモンマーマレードの完成です。マーマレードとは、柑橘類を加工して作ったジャムの総称です。果皮を使っているので、苦味があるのが特徴です。

Home > ジャム > レモンマーマレードの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報