Home > 郷土料理 > 九州地方 > 朝鮮飴の作り方 (オレンジ味)

朝鮮飴の作り方 (オレンジ味)

朝鮮飴 (オレンジ味)

朝鮮飴は、熊本県の銘菓の一つです。餅米と水飴と砂糖を捏ね合わせ、片栗粉を塗した求肥飴の一種です。(Wikipediaより)

朝鮮飴 (オレンジ味)

材料

もち粉 25g
砂糖 20g
オレンジジュース  35cc
水飴 30g
片栗粉 適量

【関連リンク】
もち粉のレシピ
九州地方の郷土料理





朝鮮飴 (オレンジ味)の作り方

容器に霧吹きで水をかけ、片栗粉が付きやすいようにします。
片栗粉をまぶします。コロンとした四角い飴にしたかったので、このようにしましたが、求肥餅のような薄い形でよければ、バットに片栗粉を少し厚めに引くだけでOKです。
鍋にもち粉、砂糖、オレンジジュースを入れ、よく混ぜ合わせてから弱火で温めていきます。コゲつきやすいので、常にかき混ぜてください。
もち粉に火が通り、もちのようになってきたら、砂糖を2回に分けて入れます。砂糖が全部溶けて混ざり合ってから、次の砂糖を入れてください。
砂糖を入れ終わったら、火を止め水飴を加えます。自家製の麦芽水飴を使っているので、色が茶色になっています。
水飴を入れ終わった状態です。
容器に流しいれ、冷やして固めます。
食べやすい大きさに切り分けます。

完成

朝鮮飴 (オレンジ味)の完成です。

今回、朝鮮飴を作るにあたって、菊池うまかもん衆 partⅢさんを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

Home > 郷土料理 > 九州地方 > 朝鮮飴の作り方 (オレンジ味)




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報