Home > 果物 >

柿の渋抜きの方法

渋抜きの方法

渋柿の渋を抜く方法です。焼酎を使って短期間で渋を抜く方法と、塩水でゆっくり時間をかけて渋を抜く方法です。

渋柿の渋を抜く方法


材料

渋柿 適量
焼酎 適量
 水の量に対して2%

※焼酎はアルコール度数が高い方がいいです。

【関連リンク】
柿のレシピ
果物の一覧





焼酎でシブを抜く方法/

ビニール袋に渋柿と焼酎を入れ、空気を抜いて口を縛ります(ビニール袋は2重にするといいです)。コタツの中やパソコンの近くなど、暖かいところに3~4日置いておきます。
渋柿のヘタの部分に、焼酎をたっぷり付けてください。四角い柿ならヘタを下にして置くといいです。焼酎でシブを抜いた柿は、柔らかくなってしまいますので、1~2日で食べられる量でシブ抜きするといいです。

塩水でシブを抜く方法

バケツなどの容器に渋柿を入れます。
渋柿が隠れるくらいの塩水を入れて、1ヶ月くらい浸けておきます。シブが抜けるまで時間がかかりますが、柔らかくなりずらいので、たくさんある場合に向いています。
途中、水が濁ったら新しい塩水に取り替えてください。水を取り替えるときは、渋柿も水で綺麗に洗ってから浸け直ししてください。

Home > 果物 >


新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報