Home > 果物 > 栗きんとんとリンゴの包み揚げの作り方

栗きんとんとリンゴの包み揚げの作り方

栗きんとんとリンゴの包み揚げ

栗きんとんのリメイクです。栗きんとんをたくさん作ってしまって余ったきんとんに、リンゴを加えてアップルパイもどきにリメイクしてみました。

栗きんとんとリンゴの包み揚げ

材料

きんとん 150g
リンゴ 1個
レモン汁 大さじ1
シナモン 少々
強力粉 150g
450cc
サラダ油  大さじ1

【関連リンク】
栗のレシピ
リンゴのレシピ
サツマイモのレシピ




栗きんとんとリンゴの包み揚げの作り方

強力粉を振るいにかけます。
振るいにかけた強力粉に、3倍の水(450cc)とサラダ油加え混ぜ合わせ、30分以上置いておきます。
リンゴは皮を剥き、4等分にきります。種を取り、イチョウ切りにしたリンゴを耐熱容器に入れ、レモン汁をふりかけます。電子レンジ(500W)で3分間加熱します。
サランラップはかけなくていいです。
一度取り出し潰して、さらに電子レンジ(500W)で3分間加熱します。リンゴがジャム状になったら、きんとんとシナモンを加え、よく混ぜ合わせます。
きんとんに甘さがあるので砂糖をここでは使っていません。味見をして甘さが足りないようでしたら砂糖を入れてください。

きんとんの作り方
寝かせておいた生地をフライパンでクレープを作るように、薄く伸ばして皮を作ります。
フライパンに油は敷きません。生地を入れる前に温め過ぎると直ぐに乾いてしまい、形がイビツになります。生地の水分が多くサラっとしている場合は、錦糸卵を作る感じで流し入れます。
生地に火が通ってくると透明になってきます。
さらに火が通ると、透明から白→黄色と変色していきます。少し黄色っぽくなって、フライパンをゆすって生地が動くようになったら完成です。
出来た皮をフライパンから出し、冷まします。
触れるくらいまで冷めたら、具材を入れ春巻きを作る要領で包みます。
包んでから揚げるまでの時間が長くなると、皮が破れやすくなります。

完成

栗きんとんとリンゴの包み揚げの完成です。
カリっとした皮の中に、とろりとした甘酸っぱいリンゴのあんがマッチしています。

Home > 果物 > 栗きんとんとリンゴの包み揚げの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報