Home > 調味料 >

天然塩の作り方

天然塩

海で汲んできた水を蒸発させて、塩を作ってみました。出来上がるまで時間がかかりましたが、採れた塩は普通の塩と違って、とってもまろやかでおいしい塩が採れました。

天然塩


材料
海水  適量

※今回は10リットルの海水を使用しました。採れた塩の重さは、131gでした。

【関連リンク】
調味料のレシピ





塩の作り方

海から海水を汲み上げます。
ゴミとかを取り除くため、サラシを二重にして漉します。
さらにキメの細かいキッチンペーパーで漉しました。
漉した海水は冬場だったので、反射式ストーブの上に乗せ蒸発させました。
海水が少なくなってくると、少し水がにごり始めます。これは硫酸カルシウムが結晶化して出てきたものです。塩ではありません。硫酸カルシウムは石膏の主成分で、セメントや建築材などに使われたりしているようです。
コップに取ってみました。底の方に白い結晶があります。これが硫酸カルシウムになります。
サラシを二重にして海水を漉します。
サラシに残った硫酸カルシウムです。
漉したら鍋に戻し、塩が結晶化し始めてフツフツとしてくたら、火を止めます。

※水分が少なくなってくると、跳ねてくるので火傷に注意してください。
サラシを二重にして漉します。
漉した後に残る液体が、「にがり」になります。
バットなどに広げて天日乾燥をさせます。

完成

天然塩の完成です。

Home > 調味料 >


新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報