Home > 野菜 > 夕顔の四川風炒め煮の作り方

夕顔の四川風炒め煮の作り方


四川料理特有の調味料、豆板醤、花椒、唐辛子で、辛くてトロトロの夕顔の炒め煮を作りました。痺れる辛さがクセになります。

夕顔の四川風炒め煮

材料 2人分

皮を剥いた夕顔 500g
生姜 15g
ニンニク  1~2片
豆板醤 小さじ2
大さじ1
みりん 大さじ1
鷹の爪 適量
花椒  10粒くらい
サラダ油 大さじ2
鶏ガラスープの素 小さじ2
300㏄

【関連リンク】
夕顔のレシピ



夕顔の四川風炒め煮の作り方

夕顔は皮と種を取り除き、好みの大きさにカットします。夕顔は火が通る柔らかく崩れやすくなるので、少し大き目に切ったほうがいいです。
生姜とニンニクはみじんぎりにしておきます。
フライパンにサラダ油を入れ、豆板醤と花椒と鷹の爪を中火から弱火の間位の火力で、油が赤く色付くように炒めます。油に色が付いたらみじん切りにしておいた、生姜とニンニクを加え、香りが立つまで炒めます。
ニンニクのいい香りがしてきたら夕顔を加え、夕顔全体に豆板醤が回るように炒めながら混ぜ合わせます。
全体が赤く染まったら、水とみりん、酒、鶏ガラスープの素を加え、中火で水分が少なくなるまで煮詰めます。

完成

夕顔の四川風炒め煮の完成です。

Home > 野菜 > 夕顔の四川風炒め煮の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報