Home > 郷土料理 > 中部地方 > 鬼まんじゅうの作り方

鬼まんじゅうの作り方

鬼まんじゅう

鬼まんじゅうは薄力粉と砂糖を混ぜ合わせた生地に、角切りのさつま芋を加えて蒸した菓子で、名古屋名物のお菓子です。もっちりしていて冷めてもおいしいです。サツマイモがゴロゴロ入っているので腹持ちもいいです。

鬼まんじゅう

材料

サツマイモ 500g
薄力粉 150g
白玉粉 15g
三温糖 100g
焼きミョウバン   小さじ1
牛乳 大さじ2

【関連リンク】
サツマイモのレシピ
白玉粉のレシピ
饅頭・蒸し菓子のレシピ
中部地方の郷土料理



鬼まんじゅうの作り方

焼きミョウバンをたっぷりの水に入れて溶かしておきます。サツマイモは皮を剥き、1cm角のサイコロ状に切り、ミョウバンを溶かしたボールに入れ、30分くらいアク抜きをします。焼きミョウバンはサツマイモの色を綺麗に保つために使います。無くてもOKです。
アク抜きしたサツマイモは、水で綺麗に洗いザルにあげ、15分くらい水気を切ります。
水気を切ったサツマイモに砂糖をまぶし、30分くらいそのままにしておきます。
砂糖が溶けて蜜状になったら、小麦粉と白玉粉を入れたボールに入れます。
牛乳を加えてサックリと混ぜ合わせます。
アルミホイルに入れます。
蒸し器に入れ強火で20分くらい蒸します。
蒸し器の蓋には、雫が落ちてくるのを防ぐため、布巾などを巻いて蒸します。

完成

鬼まんじゅうの完成です。

Home > 郷土料理 > 中部地方 > 鬼まんじゅうの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報