Home > 調味料 > コンデンスミルク (加糖練乳)の作り方

コンデンスミルク (加糖練乳)の作り方

コンデンスミルク (加糖練乳)

牛乳と砂糖があれば、手軽にコンデンスミルクが作れます。低脂肪牛乳を使えば、カロリーも押さえられます。砂糖を入れないで作ると、中華料理のコクを出すために使われるエバミルクになります。

コンデンスミルク (加糖練乳)

材料

牛乳  100cc
砂糖 20g

※出来上がりは、牛乳の重さの約半分になります。

【関連リンク】
乳製品のレシピ
調味料のレシピ





コンデンスミルク (加糖練乳)の作り方

コンデンスミルクを作る鍋より大き目の容器に、氷水を用意して置きます。
鍋に牛乳と砂糖を入れ、泡立ちはじめるまで中火で温めます。
牛乳が泡立ち始めたらすぐに、弱火にして煮詰めていきます。写真くらいの弱火で、約 15~20分煮詰めます。

※泡立ちはじめると吹きこぼれ易くなりますので、注意してください。
量が大体半分くらいに減って、鍋そこに線がかけるくらいになったら火から下ろします。

※冷めると固まりますので、多少緩めでも大丈夫です。
火から下ろした鍋ごと、氷水に付けてかき混ぜながら冷やします。

完成

コンデンスミルク (加糖練乳)の完成です。

※冷やしてみて固かった場合は、超弱火で少しコンデンスミルクを温めてから、少しづつ牛乳を足して、好みの固さに伸ばしてください。
電子レンジで作るコンデンスミルクの作り方

Home > 調味料 > コンデンスミルク (加糖練乳)の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報