Home > ダッチオーブン > ガンボスープをダッチオーブンで作る

ガンボスープをダッチオーブンで作る

ガンボスープ

ガンボって語源はオクラを意味する言葉なんだそうです。ウィキペディアによるとガンボスープというとスープのとろみを何で付けるかによって分類できるそうです。種類は三つ、オクラをつかったもの、フィレパウダーの物、そしてルー単体を使ったもの。オクラとフィレパウダーは一緒に使う事はないそうです。ここではオクラを使ったレシピを紹介します。ヌルっとしたとろみがオクラの特徴。味付けはもちろんケイジャンスパイスを使っています。

ガンボスープ

10インチ ダッチオーブン
材料 4~5人分

ブラックタイガー(海老) 6尾
チョリソー(ソーセージ) 100g
パプリカ赤(一個) 170g
ピーマン(三個) 100g
おくら 170g
セロリ(一本) 80g
にんじん(一本) 100g
にんにく 3片
ケイジャンシーズニング 10g
チリペッパー お好みで
適量

【関連リンク】
ダッチオーブンのレシピ



ガンボスープの作り方

まずは材料のカット。

にんにくはスライス、オクラは1センチ弱の輪切り、たまねぎ・セロリ・パプリカ・ピーマン・にんじんを1センチ程度のさいの目切り、チョリソーを1センチ弱の輪切りにします。

画像はありませんが、冷凍のブラックタイガーは解凍し殻を剥いておきます。
ギャバンのケイジャンシーズニングです。

自分でスパイスを用意してブレンドしても良いと思いますが配合が難しいと思います。我が家はこの商品にチリペッパーを足して自分好みの辛さに調整しています。
使ったのはコールマンの8インチダッチオーブン。火もコールマンのツーバーナー(20年以上使っています)です。

火力は中火。
まずはオリーブオイルをひいてスライスしたにんにくを良い香りがたつまで炒めます。
お次は玉ねぎを投入。透き通る感じになるまで炒めます。
オクラ以外の野菜を全て投入。オリーブオイルと良くなじませます。
ここでソーセージ(チョリソー)も投入しました。
水をリットルほど投入。
温まるまで強火に変えます。
沸騰する寸前で弱火に切り替えます。
あくあ出ますので、オタマですくい取りました。
アクを取り終わったらケイジャンシーズニングを投入します。
このときは10gほど使いましたが、使う量は味見しながら調整します。
ダッチオーブンに蓋をして30分程度煮込みました。
ここでやっとオクラを投入します。
ここからダッチオーブンに蓋をせずに20~30分煮込みます。
煮詰める感じで水分が減ってオクラの粘々でとろみが出てきます。
最後に殻を剥いたブラックタイガー(海老)を投入し、火が通ったら完成としました。
加熱し過ぎるとどんどんエビが小さくなりますので、早めに火を止めて完成とします。

完成

食器にガンボスープを盛ったら真ん中にご飯をのせてみました。

スープだけで食べても美味しいし、ご飯にも良く合います。

Home > ダッチオーブン > ガンボスープをダッチオーブンで作る




新しく追加したレシピ