Home > パン類 > バターロール > ちぎりジャムパンの作り方

ちぎりジャムパンの作り方


バラの花ような形になるように苺ジャムを包み、スクエア型に並べ入れてちぎりパン風に作ってみました。市販のジャムをそのまま包んだので、水分が多くて中に残ったジャムが少なくなってしまいました。少し加熱して水分を飛ばしてから使うか、もしくはコーンスターチなどを加えて、粘度を上げれば良かったと思います。

ちぎりジャムパン

材料 15㎝角スクエア 1台

Baker'%
強力粉 80% 120g
薄力粉 20% 30g
ドライイースト 1.2% 1.8g
スキムミルク 3% 4.5g
砂糖 12% 18g
1.5% 2.3g
無塩バター 15% 22.5g
全卵 15% 22.5g
45%  67.5cc
手軽に抹茶 2% 3g

【関連リンク】
バターロールのレシピ
苺のレシピ



工程

ホームベーカリー捏ね
7分→油脂→8分
1回目 発酵 2.5倍
30℃ 90分
2回目発酵 2.5倍
30℃ 30分
ベンチタイム
25分
成形
ロール形
最終発酵 スチーム
35℃ 40分
焼成
200℃ 10~12分

ちぎりジャムパンの作り方

苺ジャムは包みやすくするために、個数分サランラップで包んで冷凍庫に入れます。
お好みの配合で生地を9個作ります。今回もアレンジしやすいバターロール生地を使いました。
成形に入ります。ジャムを包めるくらいの大きさになるように生地を伸ばします。少し大き目に伸ばした方が、花びらの重なる部分が多くり、ジャムが流れ出す隙間がなくなります。伸ばした生地の中心にジャムを乗せ、対角線上に切れ目を6本入れます。
向かい合った生地でジャムに被せて蕾の部分を作ります。
被せたすぐ隣の生地で蕾の部分を包みます。
同じ様に向かい側の生地で中央部分を包みます。残った生地も同じように中央部分を包み込みます。
成形が終わったら油脂を塗った型に並べ入れて最終発酵させます。最終発酵が終わったら残っている卵液を表面に塗り、艶出しをします。あとは余熱したオーブンで焼き色を見ながら焼きます。

完成

ちぎりジャムパンの完成です。
自家製イチゴジャムの作り方

Home > パン類 > バターロール > ちぎりジャムパンの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報