Home > パン類 > 菓子パン > クリスマスのお菓子 ボーロレイ

クリスマスのお菓子 ボーロレイ


ポルトガルの伝統菓子の一つ、ボーロレイ(Bolo Rei)は、クリスマスイブから王様の日とされている1月6日まで、買い足しながら食べる重めのパンです。ボーロレイは「王様のケーキ」という意味だそうです。王冠の宝石のように、砂糖漬けされたフルーツを、たくさん散りばめて焼いた、お菓子のようなパンです。

クリスマスのお菓子 ボーロレイ

材料

Baker'%
強力粉 100% 100g
パネトーネマザー粉末 7% 7g
砂糖 25% 25g
1.5% 15g
無塩バター 35% 35g
卵黄 20% 20g
牛乳 51%  51cc
ドライフルーツ
生地用 50g
洋酒  大さじ1
飾り用 適量

【関連リンク】
菓子パンのレシピ
クリスマスのレシピ



工程 ストレート法

捏ね ホームベーカリー
5分→バター→10分
フルーツ→2~3分
一次発酵 1回目 2倍
30℃ 90分
一次発酵 2回目
30℃ 40分
ベンチタイム
15分
成形
丸型
最終発酵 スチーム
30℃ 60分~
焼成
180℃ 20分

ボーロレイの作り方

お好みのドライフルーツにラム酒やブランデー、キルシュなどの洋酒を加え、混ぜ合わせます。
耐熱容器に入れ、サランラップをかけずに、500Wの電子レンジで2分加熱します。レンジから出したらよく混ぜて、そのまま余熱で表面の水分とアルコールを飛ばします。電子レンジが無い場合は、前の日から漬けておくといいです。
パン生地をホームベーカリーで作ります。今回はパネトーネマザーで作った本格パネトーネと同じ生地にしました。パネトーネマザーが無い場合は、ドライイースト版の生地と同じ配合にしてください。捏ね終わったら洋酒漬けにしたドライフルーツを加え、さらに1~2分捏ねます。生地が出来たら一次発酵させます。
発酵させている間に、飾りのドライフルーツの下処理します。ドレンチェリー、レモン、みかん、アンゼリカの表面に付いている砂糖を、熱湯をかけて洗い流し、水気を切ります。
一次発酵が終わったら、軽く丸め直してベンチタイムを取ります。ベンチタイムが終わったらリング状に成形します。今回35cmくらい長さの長方形に伸ばしてから生地を丸め、棒状にした両端を繋ぎ合わせてリング状にしましたが、バターが多い生地なので繋ぎ目がくっつきにくかったので、生地の中心に指で穴を開け、広げた方が楽に成形できると思います。成形が終わったら30℃で最終発酵させます。
最終発酵が終わったら、溶き卵を表面に塗り、飾りのドライフルーツを乗せます。180℃で余熱したオーブンで20分くらい焼きます。

完成

ボーロレイの完成です。
成形の時に、生地を触り過ぎてちょっと目が詰まってしまいました。

Home > パン類 > 菓子パン > クリスマスのお菓子 ボーロレイ




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報