Home > パン類 > フランスパン > 葉っぱの形をしたフランスパン(フーガス)

葉っぱの形をしたフランスパン(フーガス)


生地に好みの具材を練りこんだり、振りかけて自分だけのアレンジンパンにしやすい、南フランス地方のパン「フーガス」を焼きました。今回は、バジルと粉チーズの組み合わせと、ガーリックパウダーとマジックソルトの組み合わせで焼きました。

葉っぱの形をしたフランスパン(フーガス)

材料 2枚分

Baker'%
準強力粉  100% 200g
ドライイースト 0.6% 1.2g
モルトパウダー 0.2% 0.4g
2% 4g
65%  130cc
トッピング
バジルパウダー 少量
粉チーズ 少量
ガーリックパウダー 少量
マジックソルト 少量
オリーブオイル 適量

準強力粉が無い場合は、強力粉70%と薄力粉30%で代用できます。

【関連リンク】
フランスパンのレシピ



工程 ストレート法

捏ね ホームベーカリー
5分→塩→15分
一次発酵 1回目 2.2倍
30℃ 90~120分
一次発酵 2回目 2.6倍
30℃ 40~60分
ベンチタイム
25分
成形
葉っぱ型
最終発酵 スチーム
35℃ 40分
焼成
余熱 230℃
230℃ 15~20分

葉っぱの形をしたフランスパン(フーガス)の作り方

ストレート法で作るフランスパンと同じ生地を使ったので、成形までの手順を省きます。生地の作り方を詳しく見たい方はそちらを参考にしてみてください。材料を合わせ、15分捏ねた後一次発酵を2回させたら、2つに生地を分けベンチタイムを取ります。
ベンチタイムが終わったら幅約15cm×縦20cmくらいの楕円形に生地を伸ばし、クッキングシートの上におきます。
ピザカッターなどを使って、葉っぱの形になるように、切れ目を入れます。
上下左右に少し引っ張って、切れ目を広げます。表面にオリーブオイルを刷毛などを使って塗ります。お好みのスパイスをふります。35℃で40分くらいスチーム発酵させます。発酵が終わったら、230℃で余熱したオーブンで15~20分くらい焼きます。

完成

フーガスの完成です。今回は2等分にして作ったので、生地が厚く噛み応えのあるパンになりましたが、4等分にして生地を薄くすれば、堅くバリバリとしたせんべいのようなパンにもなります。

Home > パン類 > フランスパン > 葉っぱの形をしたフランスパン(フーガス)




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報