Home > 漬物 > 浅漬け > 大根の四川風、シビ辛漬け

大根の四川風、シビ辛漬け


ビリビリと痺れる辛さの花椒と、ピリッと来る鷹の爪を、たくさん入れて漬けた浅漬けです。辛い物が好きな人におススメな一品です。

大根の四川風、シビ辛漬け

材料

大根 1/2本
粗塩  大根の1%
すりおろし生姜 5g
すりおろしニンニク 10g
花椒 1g
鶏ガラスープの素 大さじ1
砂糖 大さじ1
鷹の爪 適量

【関連リンク】
大根のレシピ
浅漬けのレシピ



大根の四川風、シビ辛漬けの作り方

大根の皮を剥いたら、重さを量って、1%の塩を用意します。
重さを量ったら、薄いいちょう切りにします。
ボールに大根と塩を入れ、混ぜ合わせて、1時間くらい下漬けをします。途中で上下が逆になるように、混ぜ合わせてください。
下漬けしている間に鷹の爪を用意します。ホールの鷹の爪を、4等にカットし、少し種を取り除いておきます。辛いのが好きな方は、そのまま種も使ってください。
下漬けが終わったら、ギュッと絞って余分な水分を切り、保存袋に入れます。その後、調味料も入れます。
良く振って調味料を全体に行き渡らせたら、空気を抜いて、冷蔵庫で3~4時間くらい味を馴染ませます。

完成

大根の四川風、シビ辛漬けの完成です。
説明動画も作ってみました。

Home > 漬物 > 浅漬け > 大根の四川風、シビ辛漬け




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報