Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンを使った牛タンの塩釜焼きの作り方

ダッチオーブンを使った牛タンの塩釜焼きの作り方

牛タンの塩釜焼き

塩釜焼きとは食材を塩で包んで焼き上げる調理法で、この方法で鯛などの魚を焼く料理が有名です。今回はダッチオーブンを使って牛タンを塩釜焼きしてみたいと思います。

牛タンの塩釜焼き

材料

牛タン  約800g
クレイジーペッパー 適量
2.5Kg
卵白 4個分

使用した道具
ダッチオーブン12インチ
焚き火台

下火 弱火
上火 強火
ここで言う下火とは、ダッチオーブンを下から熱する時の火力を指します。上火とは、その名の通り、ダッチオーブンの蓋に炭を乗せて上から熱する時の火力を指しています。

ロースト時間25分

【関連リンク】
ダッチオーブン料理
牛肉のレシピ
卵白のレシピ
父の日のレシピ



牛もも肉の塩釜焼き

オーストラリア産の牛タンです。これで約800gほどの大きさです。
冷凍のものを購入してきて解凍して使いました。
今回はクレイジーペッパーを使いました。
ハーブなどもすでに配合されているので、これ一種類でとても良い味が出ます。
塩2.5Kgと卵白4個分です。
今回使った卵はSサイズでしたので4個使いましたが、MやLサイズなら4個も使う必要はないと思います。
塩と卵白を混ぜます。
良く手で混ぜ合わせます。
シャリシャリとした独特な感触ですが、写真のように握って軽く固められる程度になればOKです。

作り方の手順

12インチのダッチオーブンを使用しています。
まず、ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷きます。これは焼いた塩がダッチオーブンに、こびりつくのを防ぐためで敷かないで焼くと後で焼きついた塩がなかなか取れずに苦労します。アルミホイルの上に牛タンをのせる為の塩のベッドを作ります。厚さは1.5~2cmくらいです。
塩のベッドの上に牛タンを乗せます。
牛タンを包むように塩を上から乗せて形を作ります。
肉を包み終わった画像です。
焚き火台に炭を用意します。
下からの火力は超弱火で良いと思います。なべの底は直接塩と素材に触れていますので、弱い火力でも十分に熱が伝わります。
下は弱火にし、ダッチオーブンの蓋に乗せる炭は少し多めにし強火にしました。
直接素材に触れていない分、上からの火力を強めにしています。
50分後です。
この時点で塩はカチカチに固まっています。肉の焼けている良いにおいもしています。ダッチオーブンを火からおろして蓋を外した状態で30分~1時間ほど放置します。ローストビーフもそうなんですが、肉が熱いうちに切るとうまみの入った肉汁が流れ出てしまうそうで、すこし置いて冷ましてから切ったほうが良いそうです。
1時間後です。
塩をトンカチで割ってみました。なかなかいい感じに焼けた牛タンが出てきました。
塩釜から取り出した牛タンです。
周りについている塩は払い落としました。そうしないと食べる時、塩辛くなりすぎます。

完成

スライスしたしました。

Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンを使った牛タンの塩釜焼きの作り方




新しく追加したレシピ