Home > 漬物 > 麹漬け > ニシン漬けの作り方

ニシン漬けの作り方

ニシン漬け

短期間で出来る、簡単なニシン漬けです。ニシン漬けは野菜の浅漬けとは違い、ニシンの魚の臭いと酸味がある漬物です。魚の臭いが苦手な方は、ニシンをを入れずに、野菜だけの浅漬けとして食べてもいいです。

ニシン漬け

材料

大根  1/3本 300g
人参 1本 130g
キャベツ 1/2個  620g
身欠きニシン 3匹
生姜 少々
鷹の爪 少々
30g
 200cc
米麹  100g
米麹用 水 適量

【関連リンク】
ニシンのレシピ
麹のレシピ
麹漬けのレシピ



ニシン漬けの作り方

身欠きニシンは、前の日に1~2回茹でこぼして余分な油を抜き、お米のとぎ汁に1日浸けておきます。お米のとぎ汁には、「ヌカ」と言う脂肪性の成分が含まれていて、えぐみや苦味を取り除いてくれたり、甘みや旨味を引き出してくれる作用があります。
キャベツは芯を除き、ザク切りにします。
人参は皮を剥き、5cmくらいの長さの千切りにします。
大根は皮を剥き、銀杏切りにします。
下漬け
切った材料を合わせて重さを量り、塩の分量を決めます。カップ1(200cc)の水に塩を溶かして、野菜と合わせます。
全体に塩水が回るように混ぜ合わせ、30分浸けておきます。
30分後、野菜がしたら密封できる袋に汁ごと全部入れ、空気を抜いて冷蔵庫で1日漬けます。ニシンを入れずに、浅漬けとして食べたい場合、ここで麹、生姜、鷹の爪を入れます。
本漬け
麹は一粒一粒バラバラになるようにほぐして、水またはぬるま湯に10分くらい漬けておきます。身欠きニシンは1cmくらいのぶつ切りにします。生姜は千切りにします。鷹の爪は輪切りにします。スーパーなどで売られている麹は、保存性を良くするため乾燥されたものが売られています。なので、水やぬるま湯で生の麹に戻す工程が必要になります。
前の日に下漬けしておいた野菜を一旦ボールに出し、麹、ニシン、生姜、鷹の爪を加えてよく混ぜ合わせます。混ざり合ったら、再度密封できる袋に戻し、空気を抜いて3~4日冷蔵庫で漬けます。麹は漬けておいた水を切ってから、袋に入れます。下漬けした野菜から水分が出ていますが、捨てずにそのまま漬け込んでください。

完成

ニシン漬けの完成です。
早めに食べれば、酸味もなく浅漬けとして食べれます。

Home > 漬物 > 麹漬け > ニシン漬けの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報