Home > 燻製 > 熱燻 > 鮭のハラスの燻製の作り方

鮭のハラスの燻製の作り方


鮭の一番脂ののったお腹の部分ハラスを、中華鍋で燻製にしてみました。

鮭のハラスの燻製

材料

鮭のハラス  適量
ソミュール液  100cc
300cc

使用した道具
中華なべとふた
スモークチップ さくら約20グラム
スモークチップを乗せるアルミホイル
ハラスをセットするあみ

中華なべを使用し熱燻法で作ってみました。
燻製時間15分

【関連リンク】
燻製のレシピ
鮭のレシピ



鮭のハラスの燻製の作り方

今日、のぞいた魚屋さんで売っていました。
これはもう燻製にしたら旨いに決まっています。そう思い購入してきました。
下処理などは何も無し。このまま味付けのため、いつものソミュール液水で4倍に薄めて2時間漬け込みました。(写真を撮り忘れたので画像はありません。)

風乾

2時間後、ソミュール液から取り出し、キッチンペーパーなどでで表面の水分をふき取り、30分くらい乾燥させます。

燻製

コンロに乗せた中華なべににアルミホイルを敷き、さくらのチップを20g前後置き、コンロに火をつけます。
強火で2~3分経つと煙が出始めますので、ハラスをセットして弱火~中火(チップの煙がとまらない程度の弱火)に変えて中華なべに蓋をします。

完成

15分経った出来上がりの写真です。
想像通りのおいしさでした。

ソミュール液についてですが、管理人の場合、基本的に何の材料でも同じソミュール液を使います。
材料によってソミュール液に漬け込むときに、加えるスパイスを変えたり、ハーブや野菜などを追加したりしています。
また、今回のように、何倍かに水で薄めて使う場合も有ります。
同じソミュール液を使うことで、出来上がりの味の想像もできますし、今回のように簡単に味付けをする場合も、何度もやっているうちに感覚的に薄める量や漬け込む時間も想像できるようになってきます。ですので、管理人の場合は基本のソミュール液は1種類しか使っていません。

Home > 燻製 > 熱燻 > 鮭のハラスの燻製の作り方




新しく追加したレシピ