Home > 燻製 > 熱燻 > ラムラックの燻製

ラムラックの燻製

ラムラックの燻製

フレンチラムラックとは子羊の骨付きのロース肉の事。これを1本ずつ切り分けたのがラムチョップになります。キャンプなどアウトドアでの料理にぴったりでワイルドな肉料理になります。見た目にも豪華で盛り上がります。



燻製ラムラック

材料

フレンチラムラック 600g
ソミュール液 10g
ブラックペッパー 適量

スモークウッド さくら

熱燻法
燻製時間20分

【関連リンク】
燻製のレシピ





ラムラックを燻製に!

今回のメインの材料、ラムラック。これで約600g

これを切り分けるとラムチョップになります。
基本のソミュール液に漬け込みます。

一緒にニンニクスライス、ブラックペッパーも投入します。味付け自体はシンプルにしています。
この状態で二日間冷蔵庫に保管しました。
三日目、ボールにためた水に浸けて塩抜きをします。
途中何回か水を交換しながら4時間ほど塩抜きしました。
塩抜き終了の判断は味見をして行います。

肉の端を切り取ってフライパンで焼いて味見をしました。
何回も作った経験があり判断できれば別ですが、そうでないならこれをしないと仕上がりがしょっぱすぎたり味気なかったりしますので必ず味見で確認した方が良いです。
塩抜きに終わった肉はキッチンペーパーなどで表面の水分を拭き取って20~30分風乾燥させました。
スモーカーの準備です。

スノーピークのコンパクトスモーカーを使いました。
アルミホイルで作った受け皿にサクラのスモークウッドを入れてスモーカーの底にセットします。この状態でコンロの火を強火にし、チップから煙があがるのを待ちます。
チップから煙があがったら肉をセットします。

コンロの火を弱火~中火に切り替えてスモーカーに蓋をします。
この状態で30分ほど燻し焼きにします。
時々蓋を開けて、肉に串を刺して火が通っているか確認しました。
燻し終わりました。(30分たちました)
とても良い色になりました。

完成

ローストビーフを切るときは肉が冷めてから切ると肉汁(旨味)が流れ出ないとの事でしたのでこのラムラックも同じだろうとの思いから冷ましてからカットしました。(熱々のままでも良いと思われますが・・・)

満足できる仕上がりでした。

この燻製に使ったスモーカー(燻製器)

スノーピークのコンパクトスモーカーです。

食材から出る脂や水分が、チップにかかるのを防ぐための受け皿も付属品としてついています。 熱燻製用のスモーカーでとても便利に使わせてもらっています。

Home > 燻製 > 熱燻 > ラムラックの燻製




新しく追加したレシピ