Home > 燻製 > 温燻 >

スパム(SPAM)の温燻製

スパムの温燻製

 スパム(SPAM)とは、アメリカのホーメル食品 (Hormel Foods Corporation) が販売するランチョンミート(ソーセージの材料を腸ではなく型に詰めたもの)の缶詰である。wikipediaより抜粋
今回は減塩スパムを使ってみました。すでに味はついているので、薄切りにし、表面の水分を飛ばしたらすぐに燻製開始です。

スパム


材料

減塩スパム 1缶

ユニフレームフォールディングスモーカー
電熱器
スモークウッド さくら

60℃前後の温燻法です。
燻製時間2時間


【関連リンク】
燻製のレシピ
加工品の燻製



スパムの温燻製

使用した減塩スパムです。

減塩と言っても十分しょっぱいです。
缶から取り出した状態です。

ここに包丁を入れて6枚にスライスしました。
網に並べてブラックペッパーを振って1時間ほど冷蔵庫に保管し表面の水分を飛ばします。
スモーカーにセットした状態です。

この状態で2時間、60度の温燻製です。
温度調整は電熱器で行いました。 
電熱器の上にスモーカーを乗せて使いました。

さらにサクラのスモークウッドを使っています。
2時間後のスパムの状態です。
これで完成ですが、一晩冷蔵庫で保管してから食べた方が美味しいと思います。

完成

スパムジャーキー完成品です。

塩味が強いように感じますが、ビールのつまみにぴったりです。

Home > 燻製 > 温燻 >


新しく追加したレシピ