Home > 燻製 > 温燻 >

鶏ささみの燻製 作り方

鶏ささみ肉の薫製です。塩と三温糖にブレンドを使いました。塩漬け(味付け)と同時に脱水もされるので、風乾燥の工程は省くことが出来ます。今回は50度前後の温燻製にしましたので熱処理はしていません。 食べる時は炙ってから食べることを前提にしました。

鶏ささみの燻製


材料

鶏ササミ肉 10本
40g
三温糖 160g

使用した道具
フォールディングスモーカー
サクラのスモークウッド
電気コンロ

ユニフレームのフォールディングスモーカーを使用した温燻法です。

燻製時間1.5時間

【関連リンク】
温燻法のレシピ



鶏ささみ肉の燻製の作り方

材料・下準備

鶏ささみ燻製の下準備材料の鶏ささみ肉です。
これを10本使いました。
鶏ささみの筋をフォークを使って取ります。今回は筋を取ってから燻します。

筋取りはフォークを使いました。
フォークの歯の部分に筋を挟んであてがいながら筋を引き抜きます。
鶏ささみの筋取り作業素手で筋をつかんでも滑ってうまく引けませんのでキッチンペーパーを使ってつかみました。
鶏ささみの筋取り鶏ささみの筋を取りました。
上が筋を取った後の鶏ささみです。下は取った筋です。
塩40グラム、三温糖160グラムを良くませ合わせます。塩40グラムと三温糖160グラムをよく混ぜ合わせます。

これを鶏ささみ肉にかけて塩漬けと脱水を同時に行います。

塩漬け

タッパーに塩と三温糖のブレンドを敷き詰めます。
塩と三温糖の上に鶏ささみ肉をのせます。
その上に残りの塩三温糖をまぶします。
鶏ささみ肉に塩と三温糖をまぶしたらラップをして冷蔵庫に保管します。
この時は翌日まで14時間保管しておきました。
ささみの脱水終了表面を洗い流しました。
鶏ささみ 燻製準備完了表面の水分をキッチンペーパーで拭き取ったら燻製用の網に並べて準備完了です。

燻製

さくたのスモークウッド燻煙を始めます。

スモークウッドはさくらを使っています。
燻煙中の鶏ささみ燻煙中の鶏ささみです。

この状態で1時間30分燻しました。燻製器内の温度は50度前後をキープしています。

完成

鶏ささみ燻製の完成燻製終了です。
美味しそうにできました。・・いや、炭火で炙って食べるととても美味しかったです。


鶏ささみの燻製の作成動画です。

この燻製に使った道具です

ユニフレームのフォールディングスモーカーFS-600。
主に温燻製で使いますが、冬場は冷燻製のスモーカーとしても使います。
現在我が家のメインのスモーカーです。
SOTOから販売されている桜のスモークウッドです。
これで2時間前後の燻製が可能です。
スモーカー内の温度調整は電熱器を使いました。
無段階で火力の調整ができるタイプです。温度の調整が楽です。

Home > 燻製 > 温燻 > 鶏ささみの燻製 作り方


Return to page top