Home > 燻製 > 冷燻 >

手軽に燻製マヨネーズ

手軽に燻製マヨネーズ

以前燻製したサラダオイルを使って燻製マヨネーズを作りました。以外に簡単に作れるんですが、もっと簡単に作ってみようと思いまして、マヨネーズそのものを燻してみました。さすがにすぐに食べると煙くささが残りますが、1日置くと煙の風味も落ち着いて美味しくなりました。風味の付きにくい冷燻製ですが思った以上にうまく出来ました。




燻製マヨネーズ

材料

マヨネーズ 適量

フォールディングスモーカー
スモークウッド さくら

20℃以下の寒い時期限定冷燻法です。
燻製時間2時間


【関連リンク】
燻製のレシピ





燻製マヨネーズ

材料は普通のマヨネーズです。
バットに薄めに広げています。

煙が当たる面積はなるべく広くなるように薄く広くマヨネーズを敷き詰めま。
スモーカー(ユニフレームフォールディングスモーカー)にセットした画像。

今回の燻製に使った道具の全体の姿です。
テーブルの上にユニフレームフォールディングスモーカーを乗せて、その下にコールマンのパーティボールグリルを置き、ふたつを金属のダクト(ホームセンターで購入)でつないでいます。

スモークウッドはパーティボールグリルで焚いて煙がダクトで冷めながら上のスモーカー内に入る構造です。
これで食材に熱をかけないように燻すことができます。

燻製時間は約2時間でした。
(画像は室内ですが、燻製は屋外で行っています)
燻製終了です。見た目の変化はありませんが、香りはしっかりついています。

すぐに食べるのではなく全体をかき混ぜた後ラップをして1~2日ほど冷蔵庫で熟成させます。煙の風味が落ち着いて美味しくなります。
容器に移して完成。

完成

普通のマヨネーズと同じように使います。

ここではサンドイッチにしてみました。
燻製サンドイッチ。なかなかの出来栄えです。美味しいですよ。

この燻製に使った道具です

ユニフレームのフォールディングスモーカーFS-600。
温燻製と冷燻製用に使っています。

冬場なら庫内でスモークウッドを焚いても庫内温度は20度まで上がりません。
SOTOから販売されている桜のスモークウッド。

今回はこれを18個使いました。燻した時間は約45時間ほどです。
(本当はこの倍の時間燻そうと考えていましたが、途中で断念し、45時間で完成としました。

Home > 燻製 > 冷燻 >




新しく追加したレシピ