Home > 山菜 >

根曲竹の水煮の作り方

根曲竹はその土地によって、「姫竹」、「細竹」、「竹の子」など、色々な名前で呼ばれているようです。たくさん採れた時は、水煮にして保存するといいです。水煮は塩漬けより保存期間は短くなりますが、そのまま料理に使うことが出来ます。

覚えておくと便利!根曲がり竹の水煮 (ビン詰め)の作り方


材料

根曲竹  適量

【関連リンク】
根曲がり竹のレシピ


根曲がり竹の水煮 (ビン詰め)の作り方

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら根曲がり竹を入れ茹でます。
茹でている根曲がり竹を水に浸けて、触れるようにしてから曲げてみます。しなるようなら茹で上がりになります。
茹でた根曲がり竹を、冷水に入れて冷やします。茹でた物をザルに上げただけだと、皮の中で蒸されて柔らかくなりすぎる場合があります。
根曲がり竹が冷えたら皮を剥き、一晩水に晒します。
保存ビンの大きさに合わせて、根曲がり竹を切り揃えます。
切り揃えた根曲がり竹を、上下交互に隙間無く詰めます。
詰め終わったら、保存ビンに水をギリギリまで入れ、蓋を緩く締めます。
鍋に網など敷いて、保存ビンの8割浸かるくらいの水を入れます。沸騰してから20分程度強火で加熱します。
20分後、緩く締めていた蓋をしっかり締めて、更に20分強火で加熱します。
加熱し終わったら、ビンを逆さまにして、そのまま自然に冷まします。冷めたら、冷蔵庫で保存します。

完成

根曲がり竹の水煮の完成です。
4ヶ月後。カビも生えずちゃんと保存できていました。塩漬けと違ってすぐに使えて良かったです。

Home > 山菜 >


新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報