Home > 山菜 > ワラビのアク抜きの方法 (灰)

ワラビのアク抜きの方法 (灰)


灰 (木灰)を使った、ワラビのアク抜き方法です。薪ストープとかを使っていた時代は、手軽に手に入るものでしたが、あまり見かけなくなりました。なので、我が家ではバーベキューなどで使った、炭の燃えカスを保存しておくようにしています。

灰でワラビのアクを抜く方法

材料

ワラビ 1束  200~250g
50g
熱湯 1リットル

【関連リンク】
ワラビのレシピ



ワラビのアク抜きの方法 (灰)

ワラビは穂先部分を取り除き、根元の方を1cmくらい切り落とします。穂先はアクが強く、食べた時ボソボソするので取り除きます。
穂先を取り除いたら、タライや鍋に入るように、穂先を揃え、根元の方を切って長さを調整します。ワラビの切り口に灰を付けます。
容器にワラビをあまり重ならないように並べ入れ、残っている灰を上に振りかけます。
水を火にかけ、沸騰させたら熱いままワラビにかけます。
ワラビが浮いて来ないように、重石を乗せて一晩おきます。
翌日水が黒く変色していました。
黒くなった水を捨て、ワラビを流水で軽く洗ってから綺麗な水に浸し、1~2日くらい晒して苦みを取り除きます。水は1日1回取り替えてください。晒していた水が苦らなくなり、苦みが抜けていればアク抜き終了です。

完成

あとは好みの長さに切れば、お浸しの完成です。
重曹を使ってアクを抜く方法
もみ殻を使ってアクを抜く方法
説明動画も作ってみました。

Home > 山菜 > ワラビのアク抜きの方法 (灰)




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報