Home > 山菜 > ワラビのアク抜きの方法 (重曹)

ワラビのアク抜きの方法 (重曹)


料理だけでなく、掃除や美容にも活用できる魔法のような粉、重曹を使ってワラビのアクを抜く方法です。ワラビが柔らかくなり過ぎず、美味しいお浸しとして食べれます。

重曹でワラビのアクを抜く方法

材料

ワラビ 1束  200~500g
重曹 小さじ1 3g
2リットル

【関連リンク】
ワラビのレシピ



重曹でワラビのアクを抜く方法

ワラビの穂先に付いている綿のような部分を、指で取り除きます。面倒な作業ですが、穂先はアクも強いし、食感もあまり良くないので取った方がいいです。
鍋に2リットルの水を入れ、沸騰させます。沸騰したら重曹を加え、溶かします。
穂先を取り除いたら、タライや桶、鍋などに入る長さになるように、根元の方を切って調整、容器に並べ入れます。
重曹が溶けたら、重曹を溶かした熱湯をワラビに流し入れます。
ワラビがお湯から顔を出さないように、お皿や落し蓋などを乗せ、そのまま涼しい場所で一晩置きます。
翌日の様子です。深緑色に変色しています
深緑色に変わた水を捨て、流水で軽くワラビを洗った後、綺麗な水に1~2日くらい晒して苦みを取り除きます。途中食べてみて苦みが無ければ、アク抜き終了です。

完成

重曹を使った、アク抜きの方法です。
好みの長さに切り、お浸しにして頂きます。
木灰を使ってアクを抜く方法
説明動画も作ってみました。

Home > 山菜 > ワラビのアク抜きの方法 (重曹)




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報