Home > 燻製 > 温燻 >

ロースベーコン(カナディアンベーコン)の作り方

ロースベーコン

カナディアンベーコンとも呼ぶそうです。作り方は豚バラ肉を使った普通のベーコンと同じで、使う肉はロース肉のブロックを使いました。豚バラのベーコンとは違い油っぽさが少ないので上品な仕上がりになりました。

ロースベーコン

材料

豚ロース肉ブロック 1000g
ソミュール液(ピックル液)   300cc
ブラックペッパー  小さじ1
オールスパイス(無くても可)  小さじ1
セージ(無くても可)  小さじ1
玉ねぎ 半分
にんにく 1片
ローリエ(無くても可) 4枚
タイム(生) 適量
他、好みのスパイス 適量

必要なもの
スモークウッド さくら

70℃前後の温燻法
燻製時間4時間

【関連リンク】
燻製のレシピ
玉ネギのレシピ
にんにくのレシピ
豚肉のレシピ




ロースベーコンの作り方

近所の肉屋さんで購入した、豚ロース肉のブロックです。約1Kgのブロックで購入しました。

塩漬け

豚ロース肉に、用意したスパイスをすべて振りかけています。
更に、にんにくとたまねぎのスライスも用意しています。
使用するスパイスは好みで選んで良いと思います。
袋に入れておいた画像です。
保存袋の中にソミュール、玉ねぎのスライス、にんにくのスライス、そしてスパイスをかけた豚肩肉を投入します。空気を抜いて密閉しこのまま冷蔵庫で1週間保管します。1日1回程度上下ひっくり返しておくと片寄りが無く味がしみると思います。

ソミュール液(ピックル液)の作り方

塩抜き

1週間経った状態です。
、保存袋から肉を取り出し、付いているスパイスなどを綺麗に洗い流します。
その後、水に浸けて塩抜きします。ボールに貯めた水に浸けるだけでも良いと思います。
今回は時々水を交換しながら、冷蔵庫で15時間ぐらい時間塩抜きをしました。
味のチェックは必ずした方が良いと思います。肉の端を少し切り、焼いて味見をしてください。薄味かなと思う程度が丁度良いと思います。
これから水分が抜けますので、その分、味が濃くなります。

風乾

塩ヌキの終わった豚ロース肉を吊るして乾燥させます。今回はこのまま2日間乾燥させました。
風乾の時間は長ければ水分の抜けた硬めのベーコンになります。やわらかい仕上がりにしたければ、乾燥時間を短く調整します。
画像はロース肉を脂身の方から見た写真です。

燻製

2日後、スモーカーにセットし4時間ほど燻しました。
画像はスモーカーに吊るしている写真です。
スモークウッド(さくら)に点火して4時間です。
温度は70℃前後をキープしました。
燻製し終わった状態です。

完成

これで完成です。
食べるときは加熱して食べることを想定しています。
ハムとして食べる場合はこの後ボイルします。
すこし厚めに切って焼いてみました。
普通のベーコンほどの脂はありませんので、以外にさっぱりとしたハムに近い仕上がりです。

Home > 燻製 > 温燻 >




新しく追加したレシピ