Home > 燻製 > 熱燻 >

鶏もも肉の熱燻製

鶏もも肉の熱燻製

鶏もも肉をローストチキン風に燻しながら焼いてみました。

鶏ももにくの燻製

材料

鶏もも肉(冷凍) 適量
ソミュール液 100cc
500cc
ブラックペッパー 適量
オールスパイス 適量
チリペッパー 適量
ガーリックパウダー 適量


使用した道具

東芝電熱器
ユニフレームフォールディングスモーカー
スモークウッド さくら

100℃~の熱燻法です。
熱乾燥120分
燻製時間60分
熱乾燥60分
合計240分

【関連リンク】
燻製のレシピ






丸鶏の燻製

今回の燻製に使った鶏もも肉です。
冷凍ものです。
いつものソミュール液を水で薄めます。(ソミュール液1:水5)
今回は塩抜きしない予定なので薄いソミュール液を使いました。漬けたのは24時間です。

保存袋に丸鶏と一緒に投入します。
スパイス類もここで全部投入します。量は適量と表記していますが、感覚的にこれくらいかな・・・という感じで好みで投入しました。、ブラックペッパーだけはかなりの量を投入しています。

風乾燥

塩漬け24時間後、保存袋から取り出したばかりの鶏もも肉です。
水洗いし、ついたスパイスを流します。
その後、網にのせて表面を乾燥させます。
この時は扇風機の風に2時間ほど当てました。

燻製

スモーカーにセットした画像です。

この後、70度前後で2時間ほど熱乾燥です。
ユニフレームのフォールディングスモーカーと東芝の電熱器の組み合わせです。

電熱器を使うことで温度管理がとっても楽になります。

2時間の熱乾燥の後、温度を100度~110度に上げ、スモークウッドを併用し1時間ほど燻製します。

2時間の燻製後に同じ温度でさらに1時間熱乾燥して終了です。

完成

合計5時間の熱乾燥と燻製後の状態です。
これで完成です。 熱いうちに食べても美味しいですがこのまま半日ほど冷蔵庫で保管してから食べます。

少しおいた方が煙の風味が落ち着いてさらに美味しくなります。

Home > 燻製 > 熱燻 >




新しく追加したレシピ