Home > 漬物 > 醤油漬け > 古漬けから作る、きゅうりのパリパリ漬け

古漬けから作る、きゅうりのパリパリ漬け


きゅうりを塩でしっかり漬けた、古漬け(塩蔵漬け)の塩を抜いて、醤油に漬け替えて作ったパリパリ漬けは、パリパリ、ポリポリとしっかりした歯応えがあってクセになります。

古漬けから作る、きゅうりのパリパリ漬け

材料

古漬け胡瓜 1Kg
醤油  150cc
みりん 50cc
25cc

【関連リンク】
キュウリのレシピ
醤油漬けのレシピ



古漬けから作るパリパリ漬けの作り方

今回使ったキュウリの古漬け(塩漬け)です。生のキュウリで漬けた時は、キュウリを茹でましたが、塩漬けを使う場合は塩抜きが必要になります。

胡瓜の古漬けの作り方
3~5ミリ位の厚さで輪切りにし、たっぷりの水に浸けて塩抜きをします。水を1~2回替えると、塩が抜けやすくなります。
塩が抜けたら、しっかり脱水していきます。ここからは生のきゅうりで作るパリパリ漬けと同じ作り方になります。重さが3分の1くらいになるまで、漬物容器などを使って水分を抜きます。
漬けダレを作ります。調味料を鍋に入れ、沸騰させてアルコール分を飛ばします。今回青唐辛子が出回っていない時期だってので、作り置きしておいた青唐辛子の醤油漬けを使いました。
絞ったキュウリを加え2分くらい煮ます。
煮終わったら、キュウリと漬けダレを別々に冷まします。漬けダレは冷めた後に、キュウリと合わせるので捨てないでください。冷めたら漬けダレに浸け、冷蔵庫で1時間くらい味を馴染ませます。1時間後ザルに空け、余分なタレを切ってから保存容器に入れて保存します。

完成

たくあんのような、パリパリの醤油漬けの完成です。生の胡瓜で作るより、断然歯応えがいいです。また、燻製醤油を漬けダレとして使うと、風味が増してもっと美味しくなります。
生のきゅうりで作る、パリパリ漬けの作り方

Home > 漬物 > 醤油漬け > 古漬けから作る、きゅうりのパリパリ漬け




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報